先日の前線での裏を取るポジショニングと死角からパスを受ける動きの続きとなります。

フットサルビギナーのピヴォ入門(1)
http://fbeginners.site/archives/futsal-skill_tactics-pivo_01.html

フットサル PIVOのターンフェイント ピヴォのターンをマスターする ブラジル式フットサル講習会
https://m.youtube.com/watch?v=1VPE1wYnSXM

折角、前線でパスを受けたのですから、まず狙うはシュートでしょう。ゴールに背を向けていますから、なんとかしてターンしなければなりません。そんな場合に使うターンフェイントになります。
前線でなくても、相手を背負った時にサイドにかわす、といった使い方にも応用効くと思います。実は自分のボールマスタリーの一つに加えているほどのお気に入りです。

やり方は動画の通りですが、一度逆に振った足首の反発を使ってボールを弾く感じですかね、たぶん1回か2回で出来ちゃいますよ。弾く強さのコントロールはそのシチュエーション次第となりますから、日々繰り返して咄嗟に出せるくらいに研ぎ澄ませたいと思っています。


フットサルピヴォテクニック「キープ〜反転シュート」
https://m.youtube.com/watch?v=Bal-vquPito

0:58の動画です。この動画は、もうちょっとこれは、すぐに真似出来そうにないんですが、これくらい繰り返してこそ身に付くんだな、プロ?も繰り返し繰り返し練習してんだな、なんかちょっと怖ぇーな、と思ってブックマークしてた動画です。

″キープ~反転シュートだけやります。ひたすら反転しましょう!″ とそうだな、一芸に秀でるのも面白いなと思わされる動画です。

″反転の達人になりましょうお待ちしております。″ といや、待たれてもな!と思いはしますが、なんかイイです。やる気ももらえちゃうおすすめの動画です。