今週のスクールでまたまた何か新しいことにチャレンジしたいと考えています。
昨日は個人技を高める課題を話題にしましたけれど、

フットサルビギナー: 引き技 - おすすめ動画
http://fbeginners.site/archives/futsal-skill_dribble-draw.html

今回はチーム戦術というのか、個人戦術というのか、オフ・ザ・ボールの動きとでも言えば良いのかは分からないんですが、ポジショニングや理に適った動きで、ガンガンとパスがもらえるようになるかなというスキルを学ぼうと思います


裏のポジションを取り、死角からパスを受ける ピヴォの動き


フットサル パスによる崩し方理論2(ピヴォ編)
https://m.youtube.com/watch?t=6s&v=TG_nI0x5UEo

瀬戸健二さんの有名な解説動画の第二弾です。

次回を楽しみにしてる、次回はまだですか?とコメント欄にいくつも書かれていて、これだけ待ち望まれている解説動画はなかなか無いでしょう。1年位で追加されてきているから、次はそろそろかな? 自分も楽しみですね。

動画を止めながら理解する(それだけの価値は有ります)のが大変なので、描き出してみました。(ちなみに使っているアプリはこちら。)

フットサルのピヴォのポジショニングと死角からパスを受ける動き

1. 相手マーカーの裏にポジショニングします。
このポジションは必ず取れるとのこと。マーカーは前にスペースが空き過ぎて簡単にピヴォ当てされるのを嫌うからだそうで、なるほど、目から鱗が落ちるようです。

2. マーカーの死角からパスを受ける。
死角から現れてパスを受けるため、パスカットされることなくパスを受けられます。


フットサルのピヴォからの落とし

その後は、マークを振り切って走り込んでくる味方選手に落としたり、可能ならばターンして自分でシュートしても良いと思います。


パスを受ける場所は中央では無く、プレッシャーが少ないサイドで受けるのが良く、

フットサルピヴォのボールを受けるポジション_02


敵DFのアラ④が中央を絞っていたら、味方のアラにパスが出ますので、パスが出たら瞬間に走り出して裏でパスを受けられます。


Futsal-skill_pivo-pos_03


敵DFのアラ④が外に開いていたら、中を通してパスを受けられます。


フットサルビギナーのピヴォ入門のまとめ


動画の解説では両チームが、このピヴォの裏のポジションを取り、死角からパスを受ける動きを、何度も何度も繰り返していることを紹介しています。フリーでパスが受けられれば、1 vs 1の練習にもなりますし、何度でも供給されるので失敗しても気にすることが無いような気さえしてきます。なによりも、縦パスが何度も入れられて、チームの攻めるリズムも良くなるのでは無いでしょうか?早速試してみたいと思います。


こちらの入門記事も如何でしょうか?


フットサルビギナーのピヴォ入門(2)
http://fbeginners.site/archives/futsal-skill_tactics-pivo_02.html

フットサルビギナーのゴレイロ(キーパー)入門
http://fbeginners.site/archives/fbegin-goleiro.html

フットサルビギナー: ディフェンス(1) - スキル習得順
http://fbeginners.site/archives/futsal-skill_df1.html