最終更新日: 2019/5/3

先日のスクールでお試しで参加された方がいたとお伝えしました。
サッカーは少しだけ経験したことがあるというレベルで、ビギナースクールに来るにはちょうどいい感じでした。
ボールが外に出て相手チームのキックインになった時でした。その方が恐る恐るボールを振り被ったんです。

(お~っ、懐かしい)

もちろん、皆でキックインのやり方を教えて無事再開したのですが、
最近はフットサルでスローインをしようとする人を見なくなりました。それだけフットサルがメジャーになったということでしょうかね。


キックインのルール


1) 5mルール


キックインする場所から相手チームの選手は5m離れなければなりません。

2) 4秒ルール


蹴る準備が出来てから4秒以内にボールを蹴らねばなりません。たとえば、相手が5m離れていない場合は蹴る準備が出来ていませんので 4秒のカウントは始まりません。ボールを置かなくても、準備ができたと判断されればカウントがはじまるので要注意です。

3) ボールの置き方


・ライン上から外側25cm以内にボールを置く

いきなり最大のポイントだと思うんですが、ラインから離してボールを置いていいんです。ボールの直径が20cmくらいですから、ラインからボール1個分以上離しても良いんですね。
これを知っているのと知らないのとでは大違いで、ビギナーは真面目にライン上に置いて蹴ろうとするので軸足がラインを越えてしまわないかと、窮屈な蹴り方になりがちです。

・ボールは完全に静止させる

4) 蹴った後に軸足がラインを踏み越えてはならない


軸足がラインの手前、または少しでも踏んでいればはみ出しても大丈夫です。
ラインのボール1個分手前にボールを置くようにすれば、どんな人でもさすがに踏み越えたりはしませんよね?


5) キックインから直接ゴールは出来ない


直接ゴールは駄目ですが、敵味方関係なく、誰かが触れればゴールになります。ゴールに向かって蹴り込めば誰かに当たって入るかも知れませんが、多用すると揉めそうなので、止めた方が良いかもです。

参考記事


フットサルならではのキックインで、知っておくべき注意点とは!? - みんサル
https://www.minsal.net/c_basic/2957/

キックインの戦術


チョン・ドン
https://m.youtube.com/watch?v=rOOlEFrAbhY

相手選手は5m離れないといけないルールを活用した戦術です。キッカーと事前に打ち合わせてガンガン蹴り込んでいきましょう。


キックインの今後


スローインでフットサルは面白くなる? (フットサル タイムズ 2009/5/19)
http://www.futsal-times.com/kitaken/005.html

フットサルからキックインが無くなる?

誤ってスローインをやろうとしてしまったという話を冒頭にしましたが、キックインの代わりにスローインってしてもいいのかなと不安になったので、念のため検索したらこんな記事が。

サッカーのスローインがキックインに代わるという話と真逆ですが、どちらの話も試合が面白くなるようにとのことですから、その時は受け入れていきましょう。