最終更新日: 2019/6/3


フットサルビギナーであっても、ゲームの際には順番にゴレイロ(キーパー)をやらねばなりません。


でも、恐れることはありません。

サッカー経験者であっても、キーパーの経験が有るという人は少なく、シュートを打たれる直前(反応早い)にボールを避けてゴールを空けてしまう人も多いです。片脚を折り曲げて顔を背けるその姿は思わず、「女子かよっ!!」とツッコんでしまうほど。そう、ビギナーレベルだと、皆あまりキーパーは上手くないんです。


以前、ビギナースクールでいつものコーチが来れなくて、代わりに教えに来てくれた方がキーパー専門だったんです。なんとその日は全員でキーパーの練習となりました。ちなみにビギナースクールではゴレイロのことをキーパーと呼んでしまっています。


自分はこの日以来、順番でゴレイロをやるのが苦でなくなりました。

ルール: ゴールキックをクリアランスと呼ぶ


サッカー経験者がよく間違えます。相手チームがボールをゴールラインから外に出した場合、ボールを置いて蹴ろうとしますが、フットサルでは置かずに手で投げます。

フットサルはスピーディーな展開が要求されるスポーツですから、このクリアランスからカウンターを狙っていくことも多いです。素早く、身近な足元の上手い味方選手にゴロで渡すか、相手コートで待ち構えている味方選手に投げつけてやって下さい。意外にフットサルボールは重いので始めは届かないかも知れませんが、自陣近くで取られるよりは断然マシです。


ゴレイロで気にすべきルールは以上です。


あとはコツとなりますが、コツは少なくて (ビギナーレベルではということです、キーパー専属の方、すみません!)、たった 4つだけです。


お決まりのシュートブロックポーズ


初心者もシュートを止めやすくなる?大会や個サルで使えるゴレイロテクニック - みんサル
https://www.minsal.net/c_technique/1756/

さすが、プロは違います、藤本選手の美しいブロックポーズです。
スクールでは、このポーズの練習をひたすらやらされました。高い姿勢から素早く屈み込んでポーズ。右の片膝、左の片膝と両方出来るようにです。やってることはスクワットですからね、次の日は太ももがガクガクになりました。 ポイントは股の下にボールを通されないように片膝をコートすれすれまで落とし、出来るだけボールを引っ掛けられるように広げること。
手は下げて脇の下を抜かれないようにします。もし、顔の横を通されたら、その時はシューターの方を褒めてあげましょう。


ボールとゴールを結ぶ線上にポジショニング


フットサルのゴレイロの基本は?テクニックはこれが重要! - ニュース豆知識・基礎知識
http://deradera.jp/2293.html

基本1のゴレイロのポジショニングは?を見て下さい。これはゴレイロに限らず、サッカー・フットサルのDFの基本ですね。しかし、フットサルはサッカーに比べてゴールが小さいですから、ボールとゴールの間にポジショニングするのは非常に効果的です。

自分の経験からで申し訳ないのですが、このボールとゴールを結ぶというのが大事でして、相手選手とゴールを結ぶ では無いです。 相手選手の真正面に立ってもボールが 1つ、2つ分くらい横にはみ出せば、そこに足を伸ばしてシュートが打ててしまうんです。(ビギナーのレベルを少し超えた話ですね、)


1対1になったら、前に出る


あるレベルに達すると、不用意に飛び出すとかわされてしまうようになりますが、ビギナーレベルならば、1対1は前に出る一択です。シュートコースが無くなりますので、相手は退くかキープするしか有りません。そのうち味方が戻ってきてくれるでしょう。

1対1で決められても責められることはまず有りません。そんな局面を作った味方のフィールドプレーヤーが悪いからです。これは1対1になるなと思ったら、もう裏を取られても良いので、ドンドン前に出ましょう。


シュートが当たったら、痛いのは諦める


という気持ちが大事ということです。自分はこれを習ったのが1番大きかったです。ゴレイロの時は、ボールが顔に当たろうが腹に入ろうが仕方がないと諦めるのです。

しかし、安心して下さい。
シュートブロックポーズを見て下さい。あんな無防備な格好で正面から擦り寄ってくるゴレイロに対して、本気でインステップシュートをぶちかましてくる人間がいますか? 少なくともビギナーレベルではいないと信じます。

試合の時は、誰もがアドレナリンがバンバン出てて、もう冷静では無いですから、可能ならばゴレイロは専属の方に任せましょう、危ないですから。


フットサルビギナーのゴレイロ入門のまとめ


以上がビギナースクール生、全員が習ったゴレイロの基本です。これなら自分にも出来そうだと自信付きますよね?

セルジオ越後さん曰く、ビギナークラスのフットサルで最も重視すべきはゴレイロである、ゴレイロが最も華やかなポジションなのです、とのこと。
順番が回ってきてしまったら、諦めて、楽しんでやってみて下さい。