いやあ、この6月はキリンチャレンジカップ、コパ・アメリカ、女子ワールドカップと楽しみが続いています。もっと続いてくれ、楽しみよ、終わらないでくれ。


コパ・アメリカですが、6/21(金)の 日本 vs ウルグアイ、凄かったですね。 もうヒヤヒヤで観てて汗ばみました。
スアレスにボールが入るたびに、天に祈る自分がいました。ワンタッチで打つシュートの強いこと強いこと。それが枠に行かなかったのは、運も有るでしょうが、ちゃんとDFが効いてたってことでしょう、頑張りましたよ ディフェンダー陣は。

自分は、日本が先制して、強豪の猛攻を防ぎ続ける試合が好きです。なぜか愛国心高まる。

この日は興奮冷めやらぬまま、遅れて出社致しました。はー、幸せー。


コパ・アメリカ って、今年2019、来年2020と連続で開催され、飛んで2024にエクアドルで開催される予定なんですね。W杯が2022なので、待ちきれない人たちが合間を縫って開催しているって感じなんですかねぇ。ありがとうございます。


日時: 2019年6月19日(水)
時間: 19:00-21:00
参加者: 17名(男性15名、ビギナー2名)
コート: 体育館

3チームでゲームとなりました (6人 vs 6人 vs 5人で)。

個サルに参加したことある方なら分かると思いますけども!本当に集まんない時は集まらないし、集まるときには集まり過ぎるんですよね。

まぁ、自分も 5 vs 4とかだとね、ちょっとね…
だから、確実に人数集まるときに参加したい、気持ちは分かる。でも、主催は本当に大変なので、行けるかどうか分からないとかじゃなく、行けるなら行けると表明して欲しいものですね。


スアレスだわ



個サルの選手紹介です。部署は離れてて何をしてるか分かりませんが会社の後輩となります。
↑振り切れている通り、ビギナースクールには参加していません。サッカー経験者なのですが、その中でも皆が一目置いていて、レベルが高すぎるので(本人には内緒だが)個サルに呼んでもらえないこともあるくらい。
ボールを受けるまで、あまり動きません。基本、前の方で張っています。ディフェンスはボールホルダーが近づいてきたときにするくらいですが、レベル高いです。自分は抜けたためしが無いです。

そしてもう、シュートが、強すぎて強すぎて。比較的ふくよかな体型から繰り出す体重の乗ったシュートが強すぎて (全然力んでもいないし)、普段はフットサルではグローブしていないんですが、直に手にあたると骨まで痛みが届き、両手で防いだつもりでも片方に少しでもバランスが片寄ると手首が捻挫のようになります。 そうなると 2、3日は痛みが残るので、もうキーパーはやめようと毎回思います (順番でやるので、そうはいかないが)。
救いは、シュートの精度が非常に高いので、体に当たったことは無いことです。

どう例えれば良いのか… と思っていたのですが、コパ・アメリカを観ていて思いました。スアレス選手だわ、と。ボールが渡ると、ダイレクトかワンタッチでシュートを打ってきます。え、いつ打った?みたいな。高いボールもヘディングじゃなくて、敢えてボレーしてくるんですよね、それがかっこいい。

ちなみに性格は良く、会えば下手くそな自分にも気安く話し掛けてきてくれる人です。


関連記事:

自分や知人のフットサルスキルをレーダーチャート化する
http://fbeginners.site/archives/16750847.html

2019年5月29日(水) 個サル ディフェンスのポジションが問題
http://fbeginners.site/archives/17330492.html