味方選手に声掛け・コーチングは出来ていますか?
サッカーでは味方選手に指示を出すことをコーチングっていうんですね。

コーチングだなんて大それた事、ビギナーだから出来ない?恥ずかしい、ですか?


コーチングの様々な効用


声を掛け合うようになると、信頼関係が生まれる、コミュニケーションが上達する、連携面が向上する、パスが上手くなる。
(「セルジオ越後のフットサル入門」2章 技術)

とセルジオ越後さんは効用を挙げています。

良いこと尽くめじゃないですか(笑)!


コーチングの仕方


では、具体的には味方選手にどんな声掛けをしたら良いのでしょうか?

イビチャ・オシムさんは言います。
難しく考えないこと。パスを受ける味方選手に相手が背後で「マーク」しているか、「フリー」かなどを教えてあげれば良い。味方選手の背中に付いている目の役目をする。

中途半端なボールには「マイボール」、味方に任せる場合は「頼む」と言えばいい。

それから、「クリア」、「逆サイド(サイドチェンジ)」、「(ドリブルで)運べ」などの戦術的指示も出来るようになる。

恥ずかしがらないこと、間違ったら謝ればいいのです。
(「オシムのトレーニング」)


まとめ


自分はフットサルのプレー中、ずっと喋っています。特にキーパーをやっているときは、ずっと声掛け・コーチングし続けています。「裏(のケア)、頼む」、「一人(ボールホルダーに当たりに)行こう」、「(シュート)打ってこう!」

上手な人はコーチングも上手いです。その声掛けフレーズを真似させてもらっています。

気持ち的には結構、オシムさんの「間違ったら謝ればいい」、に救われております。

時々、「誰かが打てるよって言ったから シュート打てた!」とか言われて、嬉しいことも有ります。