今週もオールゲームの日でした。
スクール終了後に、練習もしたい旨、コーチに伝えてみました。次回、行けるのは6/5なので、その時を楽しみにしたいと思います。


日時: 2019年5月15日(水)
時間: 19:30-21:00
参加者: 12名(コーチ1名、男性10名、中学生1名)
コート: 体育館

2チームに分かれて、6人 vs 6人 でのゲームになりました。それぞれ1人ずつが休憩です。始めはハーフコート、つまり、バスケットボールのコートサイズでやり、その後にフルコートでのゲームをしました。

個人的には狭いコートだと詰められるのが早く、判断を早くしなければならないため、少し苦手意識が有ります。あと、自分は少し走力があるので、コートが狭いとそれを活かせなくなります。と書いてみると、狭いコートでの練習こそ自分に必要な気がしてきました。


暑くなってきましたので、水分補給を意識していかないといけなくなってきました。練習後に酸欠なのか、頭痛を訴える人がいました。暖かい所為か、皆さん、動きが良く、スタミナの続きも良かったです。頑張り過ぎちゃう傾向にあるのかもしれません。


さて、ゲームの方ですが、コーチが入っていないチームになったため、しばらくボコボコにされてしまいましたが、徐々に慣れたのか均衡したゲームになっていきました。こちらのチームにはコーチがいないため、進言を得られないので自分たちで戦略も練ります。こういった時に戦術も勉強しておかないと楽しめませんね。

パスしたら、ワンツーを狙えるように走ること、ディフェンスには最低でも2名が当たれるよう、しっかり戻るといった基本事項を確認しました。

自分は実はチームにMiがいたので、彼をどう活かすかという課題を持って臨みました。


結果的には全体としては、コーチのいた相手チームの方が精度が高かった(コーチのパスがバンバンと通るから)のですが、最後には巻き返し、均衡した状態で終われました。
個人的には、打ったシュートは全てゴールになりました(3本だけですよ、)し、Miがキープしているところに寄ってやり、以下のようなパスが決められたのが収穫でした。
Futsal_beginners-one-two


但し、自分としてはMiがパスの後に前に出て、ワンツーで抜けるといったのを狙った(赤い矢印)のですが、やはりヤツは走らないので先に送りました。実はここは狙って、半身で右に身体を開いてボールを受けました。今回、前線で味方がフリーになってくれたのはたまたまですが、2通りの選択肢をもつために、半身でボールを受けパスコースをいくつか確保出来る方向に向くことは重要だなと思いました。

学び


今週は最良の戦術でなくても、チームメンバーの好みの戦術に合わせてやることからも活路は見出せる、味方選手の気分を高めてやることも時には必要ではないかという仮説を得ました。
なぜか今週はゲーム中でも冷静に思考を働かせることが出来ました。ちょうど良い気候の所為でしょうか?


関連記事:
フットサルビギナー: ボールキープし過ぎ - プレーヤー紹介 天敵Mi
http://fbeginners.site/archives/16825336.html

2019年4月17日(水) ビギナースクール 力の差が有るときはゾーンディフェンス
http://fbeginners.site/archives/16575475.html